HOME

メニュー

オペ室には人工心肺装置やモニター、麻酔器などの機器が用意されています

最新鋭の設備がそろった手術室では、執刀医をはじめ、麻酔医、臨床工学技師、看護師などの専門家が、患者さんの命を救うために知識と経験を活かして働いています。

手術台
患者さんが横になって手術を受ける台です。様々な年代の患者さんに対応できるようになっていて、スライド式で大きさや高さを調節することができます。

麻酔器
患者さんに麻酔をかけるための機械です。液体の麻酔薬を気体にして吸わせることができ、麻酔医がモニターを見ながら体に送り込む麻酔薬の量を適切に調節します。

人工心肺装置
患者さんの病気によっては、手術中は心臓と肺の血流を一時的に止めるケースが出てきます。その間に心配の代わりをする機械で、ここを通る血液に酸素を送り込み全身に循環させることできます

接続緩徐式浄化装置
人工心肺装置の運転中に、患者さんの体内に入る余分な水分を除去したり、血液中の電解質(ナトリウム、カリウムなど)を正しい状態に維持します。

モニター
患者さんの血圧や体温などの状態を確認するモニターです。執刀医と助手、麻酔医がそれぞれの立ち位置から無理なく確認できるように、手術室の3か所に置かれています。

食道エコー
食道に装置を入れて超音波を出し、モニターに心臓の様子を映し出します。心臓の動きや手術の経過だけでなく、人工心肺のケーブルの入り方まで確認できます。

電気メス
ここに接続したメスから約300度の熱が出て、患者さんの患部を切ることができます。熱で焼き切るため血液が流れず、手術中もしっかり患部を確認できるという利点があります。

カウンターショック
心臓の動きに異常が起きた時、正常に戻すために電気ショックを与える除細動器という機械です。使用の判断は医師がするために、AEDのように患者さんの状態を判断する機能はついていません。